--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-05-13

バス旅行 (1)

サワッディー クラップ。
東京新宿校のアイスマンです。

昨年11月、訪タイした時のことです。
航空券のみで、後はフリーでした。
後半はバンコクで用事もあったので、前半の過ごし方を考えました。
早朝にバンコクに着いて、エアポートリンクにも乗り、寄り道をしながらカオサンへ。
以前カオサンに泊まった時に空港行きのミニバス乗り場から各地へ向かう長距離バスの
案内があったことを思い出し、タイ国内長距離バス旅行を実行することに決めたのです。

案内板の料金を見ると「冗談だろ」というくらいどこに行くのも安いので
車内泊も覚悟し陸路でプーケットに行くことにしました。
バス代はなんと500バーツ。予定時間は14時間でした。

結局プーケットに着いたのは20時間後。
それだけでもネタががいくつかあるのですが、それは次の機会に。

プーケットタウンのバス乗り場でバンコクに帰るバスに乗ろうとしたら
数時間前に買ったはずの切符がない!バスは目の前に止まっていて発車寸前です!
パニックになりながら切符売り場で英語とタイ語交じりで「切符を無くした」と大騒ぎをしました。
売り場の女性が「私はあなたが切符を買ったのを覚えている。ちょっと付いて来てください」と
道路を挟んだ向かいの建物に連れて行かれました。
バスの車掌さんにも声をかけて、出発を待ってもらい、奥の事務室で何やら相談しています。
そして、男性事務員が何か書類を出して来て、「ここにサインしろ」とペンを渡されます。
書類はすべてタイ文字でさすがに何が書いてあるかはわかりませんが、言われるままに名前を書きました。
すると、売り場の女性が「これをバスで見せれば大丈夫です」とバスの乗り口まで案内してくれてます。

そして、なんとか無事にバスに乗り、12時間後無事にバンコクに着きました。
行きと帰りでこれだけ乗車時間が違うのも不思議ですが、乗客も帰りはタイ人ばかりで
カオサンではファランしかいなかったのとは対照的でした。

帰国後、書類を記念に持ち帰り、タイ人の先生に
「タイの人は本当に親切で助かりました」と土産話がてら見せたのです。
ところが、先生は突然笑い出し、「中国人って書いてあるよ」と書類を指差します。
書類の国籍欄にイープンではなくて、チーンと書いてありました。
今までタイにいるときには「しゃちぉーさん」とか「ぼでぃーまっさ」とか
怪しい日本語で話しかけられてばかりだったので中国人に間違えられたのは初めてで新鮮でした。

帰国してからこの騒動のオチがつき、忘れられない出来事がまた一つ増えました。
スポンサーサイト

theme : タイ
genre : 海外情報

comment

管理者にだけメッセージを送る

最近の記事
月別アーカイブ
プロフィール

TLS

Author:TLS



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

訪問者数
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログランキング
記事を読んで面白かったら、以下のボタンをクリックして人気ランキングへの投票よろしくお願いいたします!
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
ブログ内検索
RSSフィード
当社関連サイト
QRコード
QRコード
テクノラティ
ボタンを押してお気に入りに追加!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。