--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-10-26

野良犬の町

こんにちは金曜日前半戦のクンです。

さて、初めてバンコクに来たころは野良犬が多いことに驚いたものです

middle_1169610026.jpg

一見いたるところに無造作に住み着いているように見える彼らなのですがしばらくすると、それぞれの縄張りはしっかりと確保されていてきまった場所にはきまった犬が寝ていることに気がつきました。

海外の野良犬は一般的に目が合うと血走った目を吊り上げて挑みかかってきたり、よだれをたらして唸っていたり、あんまりいい印象はないのですが、バンコクの犬はなぜかみんな一様にのーんびりしています

敬虔な仏教国ならではなのですが野良犬への施しも功徳を積むことに含まれるため、この国では人々は犬に対してもやさしく犬のほうでも人が優しくしてくれることを知っているようです。

寺院などでは野良犬を保護して餌付けするというチャリティも頻繁に行われているようで、マカム(タイ語でタマリンド)という名の茶色の犬が主人公として活躍するタイ映画「ママー・4カー・クラップ」もそんな心温まる映画でした。
タイにいる方はVCDで借りられるはず。。。ストーリーは来月に控えたお祭りロイクラトーンにも関連しています。日頃習ったタイ語の練習を兼ねて視聴してみてはいかがですか??

しかし先日、家の近所を歩いているとそんな野良犬たちがしきりと狂ったように吠えたてていることがありました。「珍しいこともあるもんだな。どうしたのか?」と思い、その先を見て納得

大きなゾウが路地を歩いているのです

これもだんだんと見慣れてきましたが、初めて見たのはチェンマイの町の中。
夕暮れ時のマーケットを黒い影が横切ったときには自分の目を疑いました。
長い鼻でワーイ(手を合わせて挨拶する姿)をして食べ物をねだる姿は愛らしくつい果物を買ってあげたくなるのですが、しかし実際は地方の貧しい人たちが専門のゾウ貸しの業者からゾウを借り、その餌としてバナナなどの果物を売って生計を立てているそうです。

「野良ゾウ」ではなくて立派なビジネスなんですね。。。

【記事を読んだらクリック→FC2 Blog Ranking ランキングへの投票ありがとうございます
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

最近の記事
月別アーカイブ
プロフィール

TLS

Author:TLS



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

訪問者数
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログランキング
記事を読んで面白かったら、以下のボタンをクリックして人気ランキングへの投票よろしくお願いいたします!
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
RSSフィード
当社関連サイト
QRコード
QRコード
テクノラティ
ボタンを押してお気に入りに追加!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。